”安全巡視で言われないところ” に問題が潜む

職場で行われている安全巡視ではどんなことを指摘されるでしょうか。

転倒防止金具の設置の有無や廊下にものが置かれていないか、ガスボンベスタンドが床に固定されているか、など。

こういうことももちろん重要なのですが、

安全巡視では指摘されにくい部分の整理をすることで、真の意味での環境改善が実現します。

“”安全巡視で言われないところ” に問題が潜む” の続きを読む

研究現場での整理収納について共同研究しませんか? 

大学や企業の研究機関にお勤めの方、または過去にお勤めされていた方へ

現在、研究現場での整理収納について研究する
共同研究者を募集中です。
(研究分野・職種は問いません)
研究現場での整理収納研究は、研究をサポートするという社会的に意義のある分野ですが未開拓です。
研究現場で働いた経験のある方にしかわからないことを研究テーマにしてみませんか?

興味のある方、お問い合わせフォームよりどうかご連絡ください。

研究会の予定について詳細を折り返しご連絡差し上げます。

いつでも旅立てる寅さんの身軽さ

フーテンの寅さんは極端に荷物が少ない。

いつもトランク一つで、身支度に時間がかかっていない。

50代になると
定年後の人生何して過ごそうかと考え始めませんか?

畑を耕して家庭菜園で自給自足
毎日釣りに行く
あちこち旅行に行ってのんびりする
海外にマンションを買って住む

でも、

研究者としてやってきたのに
ある日突然研究とは関係のない職場に配属されたり
研究所自体が縮小されたり・なくなったり

人生、何が起こるかわかりません。
定年前でも、研究から離れなければいけないことも

職場から離れることも

可能性としてゼロじゃない。

もしそうなった時

目の前に積み上がっている書類
棚にぎっしりのファイル
引き出しの中の雑多なもの
ロッカーの中に放り込んだジョギング用品

いろんなところに自分のモノが溢れているとそれを片付けなければいけないと考えただけで心が重くなります。

荷物を家に持って帰っても生活しにくくなるだけ。

そして家族に嫌がられるだけ。

そろそろ、いつでも行きたいところに旅立って行けるよう助走を始めませんか。

 

きっかけ作りや後押し・サポートいたします。

ラボ・研究オフィス整理収納アドバイス

個人オフィス、ご自宅への整理収納アドバイス

 

職場を整理したいがどうやって?

職場を整理して使いやすくしたい、と思ってもなかなか一人では始められないかもしれません。

自分のものは整理できても、共用のものや、誰が使っているかわからないものは難しい。勝手に捨てるわけにもいかないし、いちいち聞いて回るのも大変。

そんな時どうしたらいいでしょうか。 “職場を整理したいがどうやって?” の続きを読む

廃液タンクを最適な場所におけない原因

いろいろな事情で、ラボのものを最適な場所に置けないことがあります。

主な理由としては

  1. スペースがない
  2. 収納棚の位置や棚板の高さ、奥行きが合わない
  3. 今置いてあるモノが大物(や精密機械)なので動かしにくい
  4. 電源が取れない(コンセントを挿す場所がない)
  5. 電源ソケットの形状が特殊

年度末の消耗品の大量購入で、一時的に置き場所が足りなくなることも。

また、別の理由が潜んでいることもあります。

それは・・・

“廃液タンクを最適な場所におけない原因” の続きを読む

新人の目線でラボを見直しませんか?

中堅・ベテランの研究者の方へ

ちょっと新人の頃を思い出して見てください。

最初の一ヶ月くらいは研修期間だったりしてとにかく覚えることがたくさんあったと思います。

実験に使う様々な物品や機器のありかや、その場所のルールを覚えるのに必死だったのでは。

そういう状態の時に、何もラベルがされていないと場所を覚えるのに時間がかかり、いちいち先輩に聞いて確認しなければなりません。

度重なると聞く方も聞かれる方もちょっとストレスです。

逆に、よく目立つところに物品配置図が貼ってあったり、引き出しのラベリングがちゃんとしてあるととても助かります。

すでにそのラボに慣れている人には不要だとしても、新しく来た人にとっては重要ですし、働きやすく馴染みやすくなる。すなわち早く成果を上げやすくなる、ということになります。

“新人の目線でラボを見直しませんか?” の続きを読む

研究者オフィスの整理収納サポート

整理収納サポートを受けていただいたお客様は、かつてこんなことで困っていました。

”整理が苦手でどこから手をつけたらいいかわからない”

”仕事を効率化するためにも、それから気持ちを整理するためにも片付けたほうがいいのはわかっている。でも溜めすぎてだんだん気持ちが淀んでしまっている”

一緒に片付けをする整理収納サポートを受けた後には

”精神的にスッキリした”

”探し物が減った”

”背中を押してもらえた感じ”

”整理のアドバイスが機能的に考えられている”

という感想をいただきました。

整理収納サポートはこんな方にお勧めしたいサービスです

仕事を効率化したい

創造的なこと・考えること・新しい知識を得ること のための時間を作りたい

探し物時間をなくしたい

クリアな頭で仕事に取り組みたい

新しいことを始めるために溜まったものをリセットしたい

一緒に片付けをする整理収納サポートにご興味がある方

整理収納に関するセミナーを受けてみたいと思われた方

お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

ラボ・研究オフィス整理収納アドバイス・講座などのご依頼について

個人オフィス、ご自宅への整理収納アドバイス 料金と内容

消耗品ラベルが気になる

試薬やパッケージのラベルは使いやすさに大いに関係していますよね。

機能的には優れた製品なのに、ラベルの視認性やパッケージがイマイチ・・と思ったことありませんか?

例えば・・・

1. Falcon社のプレートやフラスコ。多種類あるがラベルの見分けがつきにくい。

2. Millipore社のマイクロフィルター。ラベルの数字部分が小さくて、ポアサイズの違いがわかりにくい。

3. Millipore社の滅菌用フィルターとカップ。型番が長く、名称と中身との対応もわかりづらい。

4. 細いチューブの周りにぐるりと一周ラベルが巻いてある。ラベルに隠れてしまい、残液量が見えない。(ちょっと話は逸れますが、遮光チューブに入っている抗体なんかも残量が見えない)

それに抗体のチューブや試薬の小瓶に書いてあるような極小文字が読みにくいったらない。

仕方ないので、細いチューブは一回り大きいセラムチューブの中に入れ、ラベルを手書きしています。

↓こんな風に油性ペンで大きく書いてしまったり。

一番安上がりな方法なんですがスマートさには欠けますね。

些細なことかもしれませんが、改善されるといいなあと思っております。

(老眼なもので)

勝ち組研究者のキャリアパス

先日、大学のラボの人から

「A製薬会社の研究員だったんですか?すごいな、それって勝ち組じゃないですか。で、給料いくらもらってたんですか」

と言われました。

今まで思って見たこともなかったので、そう言われて考えました。

勝ち組ってどういう人?

“勝ち組研究者のキャリアパス” の続きを読む

”良い実験ノート” の必要最低条件とは

実験条件が辿れない実験ノートは、ラボの財産ではなくただの紙ゴミになってしまいます。

実験ノートをちゃんと書くことは、ラボにいる人にとって本当に大事な・必須のスキルだと思うのですが、 実験ノートの書き方について、(意外なことに)研究室によっては全く教育をしていません。

ぽん、と立派な表紙の高価なノートだけ渡して、書き方を教えていないのはラボの資源を無駄にしているのと同じ。とても勿体無い話です。

大学生の時に所属していたラボでの教育がきちんとしていると、会社に入ってからそのままちゃんと書く習慣が身についている人が多かったです。”一流” と呼ばれる大学ラボ出身の人ほどそういう傾向がありました。毎日、指導者のチェックを受けてサインをもらっていた、という人もいました。

“”良い実験ノート” の必要最低条件とは” の続きを読む