2022年 6月 ラボ整理研究室オンラインコンサルティングのご案内


2022年6月中の月曜日〜金曜日実施分の受付は5月29日(日曜日)17:00で締め切ります。
お急ぎの場合・また、週末および18時以降に関しては5月中でのご依頼をお受けできる場合もありますのでお問い合わせください。

ラボ整理研究室は茨城県つくば市在住のラボ・研究関係専門 整理収納アドバイザー・ショウボが運営しています。
ラボ整理研究ジャーナル 執筆者プロフィール
http://laboseiri.com/introduction/
研究を楽しめる環境づくりのお手伝いをしたいという願いからこの事業を始めました。

ご提供サービスは以下の方を対象としています。
研究現場で働く研究者・技術者・研究補助
秘書・事務・安全管理部門の方
国立研究機関・企業研究所・大学に勤務される方のご家族
学生や大学院生の方
職場環境を改善したい方

ーーーーーーーーーーーーー

ラボやオフィスや自宅を快適な場所にしたいと思うけれど・・・
どこから始めたらいいかわからない
たまったものを見ると気持ちが沈む
ものが片付けられなくて困っている
何を残して何を捨てたらいいのかアドバイスしてほしい
ラボ内のコミュニケーションや人間関係の悩み
雑然として見えるものをどう収納していったらいいのか
紙の整理収納をどうしたらいいか知りたい
退職時にどうやってモノを整理したらいいか

ラボ整理研究室ではこうしたご相談をお受けしお話を伺っています。

ご相談いただいた方からの感想では
「前向きな一歩を踏み出すことができました」
「格段に仕事がしやすくなった」
「澱が溜まっていたようだったのがなくなってスッキリした」
「教えてもらった紙の整理方法で、片付けが一気に進んだ」
という声をいただいています。

ご相談内容に応じた整理の方法や順番などについてお話しいたします。

日時についてはご連絡いただいた方のご都合に合わせて個別に相談。
料金:初回1時間無料
継続は1時間1500円
(研究関係者以外の方は継続1時間3000円)

どうぞお気軽にご連絡ください。

文献紹介セミナー日程はこちらから

http://laboseiri.com/論文紹介セミナー日程お知らせ/


研究サポーター向けセミナー日程はこちらから

http://laboseiri.com/研究サポーター対象・整理収納オンラインセミナ/

研究現場のファイリングセミナー日程はこちらから

研究現場のファイリングセミナー日程お知らせ

ラボを片付けたいけどどうしたらいいかわからない

前任者や先輩が置いていった大量のモノにうんざり

あなただったらどうしますか?

選択肢は2つあります。

見て見ぬふりをして別のラボに移るか、転職する

自分にできることをする

このどちらかです。

使いにくい場所で我慢して過ごす生活を選ぶのか、それとも行動を起こすのか?
どちらがあなたにとってその後のメリットがあると思うかで決まるでしょう。

今回の記事は、どうしたらいいかわからないと悩んでいる方に伝えたいことを書いて見ます。(私も悩んでたので)

1. そもそもラボの整理整頓はどうしてやるのか
2. 整理整頓のやり方いろいろ
2-1. 気になるところをまず書きしてみる
2-2. 整理をラボの祭りに
2-3. 自分の周りを少しずつ
3. 乗ってこない人への接し方
まとめ

“ラボを片付けたいけどどうしたらいいかわからない” の続きを読む

職場を整理したいがどうやって?

職場を整理して使いやすくしたい、と思ってもなかなか一人では始められないかもしれません。

自分のものは整理できても、共用のものや、誰が使っているかわからないものは難しい。勝手に捨てるわけにもいかないし、いちいち聞いて回るのも大変。

そんな時どうしたらいいでしょうか。 “職場を整理したいがどうやって?” の続きを読む

新人の目線でラボを見直しませんか?

中堅・ベテランの研究者の方へ

ちょっと新人の頃を思い出して見てください。

最初の一ヶ月くらいは研修期間だったりしてとにかく覚えることがたくさんあったと思います。

実験に使う様々な物品や機器のありかや、その場所のルールを覚えるのに必死だったのでは。

そういう状態の時に、何もラベルがされていないと場所を覚えるのに時間がかかり、いちいち先輩に聞いて確認しなければなりません。

度重なると聞く方も聞かれる方もちょっとストレスです。

逆に、よく目立つところに物品配置図が貼ってあったり、引き出しのラベリングがちゃんとしてあるととても助かります。

すでにそのラボに慣れている人には不要だとしても、新しく来た人にとっては重要ですし、働きやすく馴染みやすくなる。すなわち早く成果を上げやすくなる、ということになります。

“新人の目線でラボを見直しませんか?” の続きを読む

新人さんが最速で研究戦力になってくれるラボ

何年か同じところで過ごすと、そこの場所に慣れてしまって、ラボの使いにくさに気づけなくなってしまいます。(私もそうなっているかも・・・)。

使いにくさの大きな原因の一つはラベリングの不十分さ。

ラベリングの重要性は、新人さんの気持ちになってみるとよく分かります。

“新人さんが最速で研究戦力になってくれるラボ” の続きを読む

どうしたらいい?隣の実験台が気になる

家でもラボでも、ヒトのものが散らかっていると気になります。

たいていの人は片付いた環境を心地よいと感じます。ゴミがたくさん溜まった足の踏み場もない部屋よりもホテルの部屋の方が快適と思うのではないでしょうか。

でも、この感じ方には個人差が大きいので、使っている本人にとっては気にならないし困っていない程度であっても、周りの人や家族にとっては不快に感じることがあるでしょう。

逆に、あまりにも美しさや整理整頓を求めすぎて周りをそれに無理に従わせようとすると軋轢が生じることがあります。

私のかつての同僚はいわゆる完璧主義者、と呼ばれるタイプの人でした。家族がご飯を食べている時に空いた皿からどんどん片付けていく、と言っていました。せかされているようで落ち着かないからやめて、と言われていたそうですが。常に片付いていないとイヤな人もいるということです。

“どうしたらいい?隣の実験台が気になる” の続きを読む

忙しすぎる研究者ー自分のモノが溜まってしまったらー

実験、データ整理、セミナー準備、文献調べ、学会発表準備、書類提出、など。

気が急いてどうしようもなくなることがある。時には全て投げ出したくなることも。

そうなると、モノの整理などやっていられないというか、気が回らなくなります。

そして、要・不要の判断をせずにモノを溜めすぎてしまうと整理に時間がかかるようになるので、整理のことを考えただけでうんざりしてしまい、手をつけられなくなります。

まさに悪循環です。

どうすればいいか、溜めてしまった理由別に書きますね。

“忙しすぎる研究者ー自分のモノが溜まってしまったらー” の続きを読む