ラボで使うもののラベルやパッケージが時々残念

もう老眼なもので抗体のチューブに書いてある文字は携帯のデカ文字アプリで拡大して読んでおります。

試薬、プラスチックのプレートやチューブなどのパッケージ、ラベルは使いやすさに大いに関係しています(できたらメーカーさんに知ってほしい)。機能的には優れた製品なのに、ラベルの視認性やパッケージでイマイチなところがあると残念で、、、、

例えば、

1. 箱が開けにくい(グライナー社のセルストレイナー)→ 嬉しいことに最近、箱が変わりました!!やっぱり前のパッケージ不評だったのかも・・・

2. Falcon社のプレートやフラスコ。多種類あるがラベルの見分けがつきにくい。

3. ミリポア社のマイクロフィルター。ラベルの数字部分が小さくて、ポアサイズの違いがわかりにくい。(こちらにも書きました ラボ物品のデザイン

4. Invirorogen の培地ラベル。開封日や添加物、名前を記入するスペースがない

5.Millipore社の滅菌用フィルター。型番が長く、名称も中身との対応がわかりづらい。

6. (これは仕方ないかなあ、と思うのですが、)抗体のように0.1mLくらいしか入っていないチューブ(外見は2mLチューブだけれど、中身は上げ底)の周りにぐるりと一周ラベルが巻いてある。ラベルに隠れてしまい、残液量が見えない。

 

聞いてもらえるあてもなくつらつらと書いてしまいました。

きっと、改善するのにはコストがかかるからすぐには無理でしょうが、もし変える機会があったら検討してもらえるとありがたいのですが・・・

どうぞよろしくお願いします、メーカーの皆様。