ウィズコロナの時代で研究所での働き方はどうなる?

COVID-19が世界を動かしている今

緊急事態宣言前からほとんどリモートワーク化して、それでも別に支障はないという業界もあるようですが、研究所の仕事を全てリモートワークにするのは不可能です。
論文執筆や事務的な提出書類、グラント申請の書類書きなどペーパーワークはなんとかなりそうですが、肝心の実験は装置や試薬のあるラボにいかないとできません。

研究所の職場は今

私の職場(研究所です)は4月中2週間ほど在宅勤務となっていましたが、週一回だけ、実験をやりに出勤することが許されていました。

在宅の間は、「時間を無駄に使わないようデータ解析や論文書きをする」「レビュー(他人の書いた論文をまとめて解説した論文)を書く」ということが推奨されていました。

ゴールデンウィーク後は通常出勤になり、一日中実験できる幸せを味わってます(じっとしているのが苦手なので)。

所内の変化としては、
1. オフィスでは座席の間隔を空け、窓をオープンにし、扇風機を回している
2. 話をするときはマスク着用
3. 食堂の席が間引きされ、向かい合った席に座らないよう、椅子が積み上げられている

前は留学生と一緒にご飯を食べてお喋りしたりお弁当のおかずを分けてもらっていたのですが、今は積まれた椅子を前に寂しく一人でランチ。椅子を積み上げる代わりにパンダのぬいぐるみでも乗せておいてほしいくらい殺風景です。

ラボはどんな状態かというと、実験室毎に入室の人数制限が今も続いています。クリーンベンチが3台ある部屋なのに、狭いので一度に入れるのは2人だけ(2020/6/27現在)。
ちょっと細胞培地をあたために、とか、細胞の様子を観察しにクリーンベンチの部屋入りたい・・・と思っても、2人が入っていたらどちらかが出てくるまで待っていなければならない。また、これまでは共用のサンダルや実験着だったのが、クリーンルーム入室の時は自分専用サンダルと白衣を着るというルールに。

不便と思ったのは最初だけ

”いつでも入れる”という意味での自由はなくなりましたが、時間の制約があると実験を(以前にもまして)計画的にやるようになったと感じています。特に、夕方5時で実験室が閉まるのでのんびりとはしていられない。実験の待ち時間で一息ついていると留学生や同僚が話しかけてくることもあったのですが、そういうことも半分くらいに減りました。

今までは切りのいいところまで実験進めて、解析まで終わらせよう・・・と考えると5:30PMや6:00PMまでラボに残っていることもありましたが、今は5:00までにできるところで終わりにする、という風に変わりました。

いくつか変化はありましたがこれに慣れてしまうと大変とも不便とも思わなくなっていることに気づきます。あまり余裕のない実験計画は立てなくなり、実験の段取りや時間管理について考えるきっかけになっているのです。

危機への対応はまず整理から

先日、企業の経営者が考えていることがテレビで紹介されていました(2020年6月23日放送 NHKクローズアップ現代 ”ウィズコロナの会社革命”)。

例えば、

「”要るもの”と”要らないもの”を見極める」サイボウズ 青野慶久社長)

「ムダだと思ったものは削ぎ落とし”筋肉体質”になることが大事」(ローソン 竹増貞信社長)

やはり危機的状況に対応するのに一番適した方法は整理することなんですね。コストもかからず、最も簡単にでき、しかも確実に効果が上がります。

日本には1980年代より、トヨタ自動車に始まるジャスト・イン・タイム、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)やKAIZENという方法論があります。バブルが崩壊して利益が減ったことをきっかけにこの5S を導入し、成功したという会社もあり、危機に効果を発揮する手法なのです。
5Sは主に製造業で導入されている方法として有名ですが、東京医科歯科大学歯学部付属病院のように、10年も5S活動を続け、今では海外から見学にくるほどになっている医療現場の成功例もあります。

5Sは工場のもの、と先入観で考えずに、自分の職場で取り入れられるところはないかという目で調べて見るといいかと思います。今はまさに、5Sに限らず整理の方法論を学ぶいい機会です。

研究所でもやれることは色々あります

研究という仕事は効率をアップしたからといって成果に反映するとは限らない。効果を数値で表しにくい。だから整理整頓が進みにくいという面があります。

しかし整理整頓は研究者にとって重要な ”考える時間を増やす” 効果があり、また煮詰まったりやる気が出ないとき、うまくいかないときに気分転換にもなります。さらに、コミュニケーションが活発になる、快適さが増す、研究費の節約にもつながります。

研究所でも他の業種と同じく、ウィズ・コロナの時代に必要な行動は”整理”そして”整頓”です。研究所には様々な所に要らなくなったもの・使えなくなったものが眠っています。そうしたものを見直し、ただ場所を埋めているだけのものは捨て、必要なものは適切な場所に置く。これが未来の研究を活性化していく確実な方法なのです。

整理に関した学術論文紹介セミナー(日程はご要望に合わせて設定可能)

ラボ・研究オフィス整理収納アドバイス・講演などのご依頼

研究所にモノがたまりやすい要因とは?

研究所ではなぜかモノがたまる。

 

それはなぜか。研究所特有の6つの要因を取り上げて解説します。

1. 研究はルーチンワークではないから
2. 研究材料は高額である
3.保存年限が曖昧なものが多い
4. 処分しにくいものが多い
5. 残留品の見直しがされにくい
6.年度末予算消化

“研究所にモノがたまりやすい要因とは?” の続きを読む

なぜ研究所の整理整頓が進まないのか?

「工場では整理整頓が進むのに、どうして研究所では上手くいかないのか。どこが違うんだろうか?」

先日、研究現場で働く方を対象とした講演会でお話した時、鋭いご質問をいただきました。

研究現場の特殊性はとても興味深いテーマです。

ご質問を頂いてからまた改めて考察し、講座の時にお答えした2つに加え、第三の特殊性を加えて書いて見ます。

1.  研究所は閉じた存在であること

2. 研究職は独自性が重んじられる職業であること

3. 研究者は研究以外のことに時間を割きたがらない

“なぜ研究所の整理整頓が進まないのか?” の続きを読む