昔のラボと今のラボの違い

今回はちょっと昔を振り返って30年くらい前のラボと比べて現在との違いについて書いてみます。

昔のラボでは大抵のものは使い回しでした。

チューブやピペットはガラス製品を何度も洗って使っていました。(今もそうしているラボもあるかもしれませんが)培地の瓶も洗って、滅菌して。培地は粉を溶かし、フィルターで濾過滅菌。

でも今は濾過滅菌したものを瓶に入れるためのポンプ、めっきり見かけなくなりました。たまに見ると懐かしく感じるほどに。

時代の流れで変わったなーと思うこと。

・ラボから出るゴミの量が増えた

・プレートの穴の数が増えた(96穴でも多いと思っていたのに384とか)

・遺伝子操作の便利なキットが増えた

・どこのラボでもPCRやqPCRを当たり前にやるようになった

・クリーンベンチの中でバーナーを使わなくてもコンタミしなくなった

・プラスチック製品の種類が増えた

・決まりごと(規制化合物、廃棄物の扱い)が増えた

・環境への配慮が求められるようになった

・研究倫理教育をされるようになった

・ドラフト(安全キャビネット)の前でタバコを吸う人がいなくなった

・そもそも喫煙スペースが建物内から消えた

・グラビア写真や水着カレンダーをラボに貼る男性がいなくなった

・靴下を乾燥機に入れる人がいなくなった

・ベルトから手ぬぐいを下げている人がいなくなった

・セクハラ、パワハラ、アカハラという言葉が定着した

・論文は図書室で読むものではなく自分のノートPCで読むものになった

・グループに1台だったコンピューターが一人1台以上になった

・統計専用の小型計算機がなくなった

・MS-DOSで動かす実験機器がなくなった

・ブルースライドを使っていたのが、パワーポイントを使うようになった

こうして書き出して見ると随分変わったなあ・・・と思います。こうした変化にITの進歩が与えた影響は大きいです。そのうち、実験ノートも全て電子化されるのかもしれません。

ただ、スクリーニングは全てロボットがやるようになるという話もありましたが、そういうことにはなっていません。一部のことはロボットが使われているでしょうが、やはり人の方が臨機応変で融通がきくし、ロボットを導入したら高額だし、役に立たなくなっても(そのスクリーニングをやらなくなっても)捨てにくいし、用途が限られてしまうし、あまりメリットがなかったからでしょうか。

今から30年後のラボは、一体どうなっているでしょう。