新人さんが最速で研究戦力になってくれるラボ

何年か同じところで過ごすと、そこの場所に慣れてしまって使いにくさに気づけなくなってます。多分私も。

使いにくさの大きな原因の一つはラベリングの不十分さ。

ラベリングの重要性は、新人さんの気持ちになってみるとよく分かります。

1. 何か在庫品を使い切ってしまった

発注先がどこにも書いていない消耗品ダンボール箱を前にしてさてどうするか。
「後で誰かに聞いてみよっと」「先輩の誰かがなんとかしてくれるだろう」で空箱を放置。

発注はしたけれど、どこに発注すればいいか知らなくて適当に頼んじゃった。あとで先輩に言われた。「XX社にいつも発注してる。一番安いから。」そんなこと、どこにも書いてないよ。

2. 試薬のありかがわからない

高い棚の試薬瓶が箱に入っていて、椅子に登らないと試薬ラベルが見えない

触るのが怖いラベルの変色した古そうな瓶がたくさん。これなんか、ラベル消えてて中身がわからないんじゃないの?

試薬の並べ方ルールがわからない。ABC順なのか用途別なのか??

棚があちこちに分散している。一体どの棚を探せばいいのか。

3. 冷凍庫がぐちゃぐちゃ

何本も同じものがあるけど、どれから先に使えばいいのかわからない。使いかけのチューブに印がついていればいいのに。

分注ストックを使い切った後、どこに大元のストックがあるのか書いてない。誰が管理しているのかわからない。

4. 非働化血清が使い切られている

どうやって非働化すればいいか知らない。誰か作ってくれるまで待つ。

5. フリーザーがぎっしり詰まっている

フリーザーの前に貼ってある紙には名前が書いてないのに、なぜかモノが詰まってる。

結局、先輩や先生に場所を空けてもらわないと入れる場所がないみたい。

名前が書いてないものが共用のスペースに入れてあるけど、捨てちゃっていいのかなあ?

6. どのくらいになったら発注すればいいのかわからない

ちょっと残っているから、まだ頼まなくてもいいのかな?

どのくらいになったら注文すればいいんだろう?

・・・・・・・・・

何でもかんでも人に聞かないとわからない煩わしさ。
忙しい先輩や先生たちを煩わせたくないのに聞かざるを得ない申し訳なさ。

前からいる人たちは、もう使うものが決まっていて自分のテリトリーがはっきりしていて、使うものの置き場所も知っているので困ることがないんですね。なくなると自分が困るようなものは自分スペースに仕舞い込んで他の人が使わないようにしているから。古くて使われていないものがあっても特に不便はない。それは自分が使っているものではないから。

でも新人さんにとってはそれらのものが全てノイズ。探しにくさ、見つけにくさの原因。

それに加えてラベリングが不十分だと、とても分かりにくいものです。

新人さんが誰かに聞かなくてもわかるようなラベリング、そして留学生にもわかるようなラベリングがしてあるラボ。

そういう使いやすいラボって新人さんも留学生も最速で研究の戦力になってくれるラボではありませんか?