ラボ恒例行事としての探し物

ラベル貼り方と定位置管理で解決しよう

ラベルについては、管理部署による固定資産シール作成とともに『手前の見やすいところに貼りましょう』という注意喚起や、貼りにくい場所へのラベル例写真や絵があれば、いいでしょう。

そのほかの原因は、不要品とそうでないものの区別をつける棚卸しを定期的に行うこと、定位置管理ルールを守りやすいようなスペース区分の仕組みを作ること、使用者がルールを守りやすいような工夫をすること、でかなり改善します。

しかし個々の研究者や学生・大学院生がこういった仕組み作りに関わることはないので、事務担当者やラボ管理者のアイデア・スキルと意識に負うところが大きいです。

研究サポートに従事する方が整理収納について学ぶことで、より一層研究者が研究に集中でき、成果を出しやすい環境にできるのではないかと思います。

ラボで当たり前になってしまっている不便さ。いつも気になっているモノの管理方法や置き場所。長らく使われていないモノや中身・所有者不明の箱。

どうにかしたいけどどうしたらいいんだろう、と思った時、整理収納について学ぶことで解決策が見つかったり、アイデアが湧いてくる。(私はそうでした。でも、「出すぎた真似」をして、周りの人にどう思われるか・・そんなことを気にして行動に移すのには勇気がいりました。)

そんなことを思い出し、今困っている方に向けて役に立つ情報をお届けできるといいなあと思っています。
悩んでいるのはあなただけじゃない!です。
=============

ラボ整理研究室より
研究サポーター整理収納セミナー日程

詳細は下記リンクをご覧ください。