ラボに溜まるもの -1  試薬

試薬瓶を手に取った時、見た目が古ければ「この試薬、まだ使えるのか?」と用心する気持ちが働きますが、かといってすぐ廃棄に繋がることはありません。

使えない、とはっきりわかっていれば捨てられるでしょうが、もう使えないという判断が可能なケースは稀です。実験に使って失敗でもしない限り、使えない証明はできないからです。

むしろ、ラベルが黄色くなっていようが剥がれかけていようが、試薬としての機能さえちゃんとしている(と思う)ならば捨てずに取っておくのが普通です。そのため、見た目とは関係なく、ラボには使わない試薬がたまります。

試薬棚卸しが必要な当たり前の理由

当たり前すぎる理由ですが、なぜ試薬棚卸しや廃棄が必要になるかといえば、何も捨てなければ新しい試薬を収める場所がいずれは足りなくなるからです。新しい服が欲しい!といって買い続けていれば、クローゼットがいっぱいになって服をしまう場所が足りなくなるのと一緒です。

冷蔵庫や棚を買い足すことはお金がかかります。不要な試薬を整理する(捨てる)ことで、入れ物を買い足さなくてもよくなり、その浮いたお金で新しい研究をするための試薬を買う方が、研究の助けになると考えます。

なぜ試薬が溜まってしまうのか、その原因を考えることで、試薬を溜めないように気をつけることができるかもしれませんので以下考察してみました。

 

試薬が溜まる(捨てない)原因

1. 使用期限が表示されていないのでいつまでも使えると思うから

2. (室温保存品だから、あるいは冷凍保存してあるから)劣化しないと思うから

3. 入荷日や開封日が書いていないので何時からあるのかわからない(見た目でまだ使えると判断)

4. たくさん残っているから捨てるのは勿体無いと思うから

5. 未開封だから勿体無いと思うから

6. 買い直すと(価格が)高いから

7. メーカー保証の使用期限を過ぎても問題なく使えたという経験から(または指導者や先輩からの話で)

8. 自分では使ったことはない(使わない)が、誰かが使うかもしれないと思うから

9. 廃棄方法がわからないから

10. 廃棄手続きが面倒だから

11. 小さい容器で場所を取らないから

12. どういう実験に使うものなのか知らないから

13. いつか自分の実験で必要になるかもしれないから

14. 捨てる判断をするのは自分の仕事ではないと思うから

 

こんな人が試薬整理したらどうなるか

では、極端な4人のケースを想定して、それぞれの人が試薬整理を担うことになった場合、誰が整理の仕事に適しているか考えてみましょう。

Aさん 全ての試薬を自分が使ったことがある

Bさん 全ての試薬について、自分では使ったことがないが、誰が何を使っているか知っている

Cさん 何に使う試薬かは知っているが、誰が何を使っているか全く知らない

Dさん 誰が何を使っているかも知らないし、何に使うものかも知らない

 

Aさんは全ての試薬を使った経験があるので用途についての知識もあり、使用限界(何はどのくらいもつのか)についての判断基準ができています。そのため、何を捨て、何を残すかの判断を下すことができます。

その一方で、試薬の価格や入手のしにくさを知っているので、今後自分が使わないものでも、使えるものはとりあえず取っておこうという気持ちが働きます。他の人に使ってもらえるようにするにはどうすればいいかを考えないと、残した試薬は死蔵されてしまいます。

 

Bさんは誰が使っているかを知っているので、使用者に判断を仰ぐことができれば取捨選択は可能となります。どのくらい整理できるかはコミュニケーション能力や、効率的な作業手順を考えることに依存すると思われます。

 

Cさんはよそのラボで実験をしていたので、試薬の用途について知識がありますが今のラボでは新人です。自分が使わないものについては不要の判断ができるのですが、人が使っているものを勝手に捨てることはできません。そのため、自分基準では不要なものの中から、他の人が使っているものを選んで残していく作業が必要になります。この先はBさんと同じです。ただし自分基準ですでに残すものを選んであるので、他の人に判断してもらう本数はBさんよりも減り、作業は少し楽になります。

 

Dさんは試薬への思い入れがないので、使用期限切れの試薬であれば、ためらいなく捨てるもの箱へ入れられます。ただし、使用期限がわからないものについての判断基準がありませんので、整理は途中でストップします。さらに整理を進めるには、ラボメンバーに判断を任せることになります。全部並べて必要なものを棚に戻してもらう、など、棚卸し作業をコーディネートする必要があります。

 

試薬棚卸しなんて面倒臭いですって?

どういう人が棚卸し作業に向いているということについて、正解はありません。なお、Aさんはラボマネージャーまたはグループリーダー、Bさんは学生、Cさんは別のラボから来たポスドク、Dさんはこのラボでの経験が浅いアシスタントを想定しました。

4人に共通しているのは、最後には不要試薬の廃棄方法についての知識及び廃棄手続き(大学だったら内容物の調査やリスト作成)が必要になる、という点です。これを 面倒臭い! 時間がない! 棚卸し作業するくらいなら実験していたい!という人は、ラボに ”古試薬の呪い” がかかるので考え直してください(私はこれにやられて何度も実験をやり直す羽目に陥りました)。

もしあなたが研究成果を出したいなら、試薬整理はマメに(最低、1年に1回は)、率先してやることをお勧めしたいと思います。