”安全巡視で言われないところ” を整理すると効果大

職場で行われている安全巡視ではどんなことを指摘されるでしょうか。

転倒防止金具の設置の有無や廊下にものが置かれていないか、ガスボンベスタンドが床に固定されているか、など。

こういうことももちろん重要なのですが、

安全巡視では指摘されにくい部分の整理をすることで、真の意味での環境改善が実現します。

会社や上司の方針で捨てられないものがある・共用の部屋で誰が使っていたかわからないものがたくさんある、そんな場合、

結局最後には誰かが捨て作業のために時間を使うことになります。この時間は、本来は研究に充てるべき時間です。

今現在、スペースが足りなくなっている・管理に手間がかかっている・イライラの元になっている・使うあてがないモノがある・誰も使っていないのに前から置いてある。

そういうものを整理することで職場環境は確実に改善します。

環境改善効果が上がるのは廊下に置かれているものよりも、しまいこまれているものの方なんです。

〜講演会のお知らせ〜

研究現場で整理を始めるきっかけに!

サイエンス&テクノロジー株式会社様より講演会のご依頼をいただきました。(研究者や技術者のための専門的な書籍出版やセミナー・通信講座を開催されている会社です)

<成果を生み出す>ラボ・研究者オフィスの整理収納理論・整頓術と実験ノートの活用法

~整理・整頓・収納の目的から、整理収納理論・実践手法、役立つ実験ノート、社内教育まで~

https://www.science-t.com/seminar/B200227.html

日時:  2020年2月27日(木) 13:00~16:30
会場:  東京・千代田区駿河台 連合会館 4F 404会議室

対象:

・研究成果をあげたいが整理整頓が得意でない方
・研究現場の職場環境を改善したいと考えている方
・退職・転職・復職やライフステージの変化に前向きに取り組みたい方
・安全管理やワークライフバランスを推進する立場の方

詳細はリンクをご参照ください。

https://www.science-t.com/seminar/B200227.html

1.イントロダクション
1.1 成果を生み出す研究現場とは
1.2 生まれ変わったら就きたい職業
1.3 研究成果とは何を指すのか

2.研究現場における整理・整頓・収納の意味と目指すところ

3.整理収納理論
3.1 整理・収納・整頓・片付け・清掃
3.2 演習 整理の三大効果
3.3 モノに対する考え方
3.4 整理のレベルを知る
3.5 収納についての考え方
3.6 整理収納の鉄則

4.研究現場における整理整頓・収納
4.1 演習
4.2 整理整頓は誰の仕事か
4.3 研究現場における整理収納の特殊性
4.4 具体的方法と実例

5.整理にも役立つ実験ノート
5.1 実験ノートの書き方を習ったことがありますか
5.2 実験ノートと整理との深い関係
5.3 実験ノートに書くべきこと
5.4 電子データとの関係
5.5 実験ノート作成に関する社内教育の方法

6.整理整頓に関する社内教育の方法
6.1 最も重要なことは何か
6.2 教育の進め方
6.3 実例