論文別刷りの整理収納-2

論文書きした証拠物でもある論文別刷り・リプリントは一体誰のモノか?

前回の記事の続編です→(論文別刷りの整理収納-1

ポケットマネーで購入しているなら個人のもの?
でも、その研究成果を出すためには所属組織のお金も、そして大学や公立の研究所だったら税金も使われたはず。

つまり、別刷りを買うためのお金を払ったのは個人だったとしても、厳密には個人のものとは言えない。結局は他の備品や機器と同じく、組織として不要、という判断をしてもらわないと捨てられない面倒臭さがあります。

あるラボで処分した別刷りの束

“論文別刷りの整理収納-2” の続きを読む

論文別刷りの整理収納-1

ラボや研究者オフィスには、アンタッチャブルな存在がいろいろ眠っています。

そのうちの一つが論文のリプリント(別刷り)。

かつてこの別刷りには色々役割がありましたね。

1. 研究背景を知ってもらうための資料として学会発表のときに配る (ポスター発表の際、一緒に置くなど)

2. 研究者同士のコミュニケーション(わざわざ手紙を出して別刷り請求することでお近づきになる)

3. 論文を読みたい人が請求してくることに備える

4. 転職希望先に自分の業績を知らせるため、履歴書にリプリントを添付して提出

5. 思い出のものとして持っているために

・・・・

いわゆる一流ジャーナルに載ったら、100部とか200部とか購入されていたのでは。

あちこちに配って、そして今、余った別刷りはどうなっているでしょう。

“論文別刷りの整理収納-1” の続きを読む

実験台やりかけのままが効率的か

あなたの実験台は個人で使える場所でしょうか?

私の今の職場では、全ての実験台が共用ということになっていますが、結局は自作の緩衝液ボトルを置いた場所や、個人引き出しの近くをいつも決まった人が使っていることが多いです。でも、”共用”というルールがあるので、一日の終わりには片付けをしています(次の日もそのまま使いたい場合はメモを置いてます)。 “実験台やりかけのままが効率的か” の続きを読む

実験ノートとラボ整理の深い関係

ラボ整理と実験ノートの間にはかなり密接な関係があります。

 

実験条件や取ったサンプルの内容についてノートに書いてなかったらどうなるか?

1ヶ月前や1年前に取ったサンプルのことなんてとても覚えちゃいられませんよね。

つまり、いざ整理しようとした時、それが必要かどうかの判断がつけられなくなってしまいます。

“実験ノートとラボ整理の深い関係” の続きを読む

実験ノートをどう活用する?

研究所に勤務していても、実験ノートの書き方について習ったことがない方がほとんどです。(意外かもしれませんが、本当です。)

今まで気ままにメモ帳的な実験ノートの使い方をしていたのに、

「きちんと書いて、上司(先生)のチェックも受けてください」

と組織方針として言われたらどうしたらいいでしょうか。

“実験ノートをどう活用する?” の続きを読む

なぜ研究所の整理整頓が進まないのか?

「工場では整理整頓が進むのに、どうして研究所では上手くいかないのか。どこが違うんだろうか?」

先日、研究現場で働く方を対象とした講演会でお話した時、鋭いご質問をいただきました。

研究現場の特殊性はとても興味深いテーマです。

ご質問を頂いてからまた改めて考察し、講座の時にお答えした2つに加え、第三の特殊性を加えて書いて見ます。

1.  研究所は閉じた存在であること

2. 研究職は独自性が重んじられる職業であること

3. 研究者は研究以外のことに時間を割きたがらない

“なぜ研究所の整理整頓が進まないのか?” の続きを読む

”安全巡視で言われないところ” に問題が潜む

職場で行われている安全巡視ではどんなことを指摘されるでしょうか。

転倒防止金具の設置の有無や廊下にものが置かれていないか、ガスボンベスタンドが床に固定されているか、など。

こういうことももちろん重要なのですが、

安全巡視では指摘されにくい部分の整理をすることで、真の意味での環境改善が実現します。

“”安全巡視で言われないところ” に問題が潜む” の続きを読む

研究現場での整理収納について共同研究しませんか? 

大学や企業の研究機関にお勤めの方、または過去にお勤めされていた方へ

現在、研究現場での整理収納について研究する
共同研究者を募集中です。
(研究分野・職種は問いません)
研究現場での整理収納研究は、研究をサポートするという社会的に意義のある分野ですが未開拓です。
研究現場で働いた経験のある方にしかわからないことを研究テーマにしてみませんか?

興味のある方、お問い合わせフォームよりどうかご連絡ください。

研究会の予定について詳細を折り返しご連絡差し上げます。

いつでも旅立てる寅さんの身軽さ

フーテンの寅さんは極端に荷物が少ない。

いつもトランク一つで、身支度に時間がかかっていない。

50代になると
定年後の人生何して過ごそうかと考え始めませんか?

畑を耕して家庭菜園で自給自足
毎日釣りに行く
あちこち旅行に行ってのんびりする
海外にマンションを買って住む

でも、

研究者としてやってきたのに
ある日突然研究とは関係のない職場に配属されたり
研究所自体が縮小されたり・なくなったり

人生、何が起こるかわかりません。
定年前でも、研究から離れなければいけないことも

職場から離れることも

可能性としてゼロじゃない。

もしそうなった時

目の前に積み上がっている書類
棚にぎっしりのファイル
引き出しの中の雑多なもの
ロッカーの中に放り込んだジョギング用品

いろんなところに自分のモノが溢れているとそれを片付けなければいけないと考えただけで心が重くなります。

荷物を家に持って帰っても生活しにくくなるだけ。

そして家族に嫌がられるだけ。

そろそろ、いつでも行きたいところに旅立って行けるよう助走を始めませんか。

 

きっかけ作りや後押し・サポートいたします。

ラボ・研究オフィス整理収納アドバイス

個人オフィス、ご自宅への整理収納アドバイス